| | | 百度
:
ニュース分析:ロ日関係の難関突破はどれほど難しいのか
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2019-10-15 10:17:16 | 新華網 | 編集: 王珊寧

??新華網北京5月2日(記者/董竜江)日本の安倍晋三首相は27日にロシアを訪れ、ロシアのプーチン大統領と両国関係発展の推進などの問題について会談を行った。プーチン大統領は会談後に行われた共同記者会見で、南千島列島(日本は北方四島と称す)で共同経済活動を展開するため、ロシアは今年夏に日本の高官や企業家を組織し、南千島列島で実地調査を行う予定だと発表した。 しかし、ロシアメディアが明らかにした情報から見て、ロシアの南千島列島における主権帰属問題での立場は依然として揺るがっていない。政治的相互信頼の欠けたロ日関係が短期間で画期的な進展を得ようとするのは、容易なことではないはずだという分析もある。

??難関突破が難しい理由はまず、双方が領土紛争を解決するための法的根拠に対して、まったく異なる解釈があり、更にはこの問題について双方が引き続き深く交渉できるような法的基礎を動揺させる恐れがあることだ。

??ロ日双方は島嶼の帰属問題をめぐる紛争で、根本的な食い違いが存在しており、その立場がほぼ完全に逆だと言うことができる。双方はソビエト連邦と日本が1956年に締結した『ソ日共同宣言』の条項に対し異なる分析を行っている。

??ロシア側は次のようにみなしている。ソビエト連邦の唯一の継承国として、ロシアはソビエト連邦がのこした義務を履行するしかない。『ソ日共同宣言』はソビエト連邦が日本に歯舞や色丹両島を引き渡す予定であることだけを規定しており、上述の両島を引き渡す前提は平和条約の締結で、平和条約の締結は、両国の領土紛争の徹底的な解決を意味することになる。日本が『ソ日共同宣言』に署名したからには、双方の平和条約の締結後、歯舞や色丹両島の引き渡し問題に関する交渉に着手するのを日本が同意したことを明らかにしている。

??日本側は次のようにみなしている。『ソ日共同宣言』に基づき、領土紛争のある島嶼はすべて日本に帰属するべきで、日本はこれらの島嶼の領土権回復に対し主権を行使せねばならない。日本が1956年に2つの島嶼だけを取り戻すことに同意しなかったことから、当時ソビエト連邦とは『共同宣言』を締結しても平和条約には締結しなかった。

??難関突破が難しいもう一つの理由は、ロ日双方が共同経済活動の推進を試みる中で、同様に法的根拠の問題にもぶつかっていることだ。ロシア側は、ロシアが事実上コントロールする領土で共通経済活動を展開するには、相手がロシア側の法律におのずと従わなければならないが、日本は領土紛争のある島嶼に「特別な制度」を設ける方針を堅持している、とみなしている。

??もちろん、日本が双方の経済協力を進めるという「情熱」をロシア側が排除することはないだろう。ロシアはアジア太平洋経済の「急行列車」に乗り、極東地域の発展を率先して推し進めることを望んでいる。極東地区の経済社会の発展を通じてロシア外交の多元化を推進することは、ロシアの「東へ向かう」外交戦略における一つの自然な選択肢にほかならない。

??安倍首相が力強く推進する共同経済活動は、形を変えて領土紛争を据え置いたものだとみなす分析もある。この行為が安倍首相自身が望むような日ロ関係の全面的正常化を実現させる突破口となるかは、目下結論が付け難いところだ。

?

(新華社より)

?

関連記事:

外交部、日本の2017年版『外交青書』の中国に関する内容について回答

日本の中学校で銃剣道、軍国主義の魂を呼び戻す

外交部は日本の教材と科目の変化について語る、誤った歴史観で国民を誘導すべきではない

新華網日本語

ニュース分析:ロ日関係の難関突破はどれほど難しいのか

新華網日本語 2019-10-15 10:17:16
百度    记者分别登录上述网站发现,通过条件筛选,这几家平台上全国范围内,近3年内的途锐车型均已下架,与企业声明和回复相符。

??新華網北京5月2日(記者/董竜江)日本の安倍晋三首相は27日にロシアを訪れ、ロシアのプーチン大統領と両国関係発展の推進などの問題について会談を行った。プーチン大統領は会談後に行われた共同記者会見で、南千島列島(日本は北方四島と称す)で共同経済活動を展開するため、ロシアは今年夏に日本の高官や企業家を組織し、南千島列島で実地調査を行う予定だと発表した。 しかし、ロシアメディアが明らかにした情報から見て、ロシアの南千島列島における主権帰属問題での立場は依然として揺るがっていない。政治的相互信頼の欠けたロ日関係が短期間で画期的な進展を得ようとするのは、容易なことではないはずだという分析もある。

??難関突破が難しい理由はまず、双方が領土紛争を解決するための法的根拠に対して、まったく異なる解釈があり、更にはこの問題について双方が引き続き深く交渉できるような法的基礎を動揺させる恐れがあることだ。

??ロ日双方は島嶼の帰属問題をめぐる紛争で、根本的な食い違いが存在しており、その立場がほぼ完全に逆だと言うことができる。双方はソビエト連邦と日本が1956年に締結した『ソ日共同宣言』の条項に対し異なる分析を行っている。

??ロシア側は次のようにみなしている。ソビエト連邦の唯一の継承国として、ロシアはソビエト連邦がのこした義務を履行するしかない。『ソ日共同宣言』はソビエト連邦が日本に歯舞や色丹両島を引き渡す予定であることだけを規定しており、上述の両島を引き渡す前提は平和条約の締結で、平和条約の締結は、両国の領土紛争の徹底的な解決を意味することになる。日本が『ソ日共同宣言』に署名したからには、双方の平和条約の締結後、歯舞や色丹両島の引き渡し問題に関する交渉に着手するのを日本が同意したことを明らかにしている。

??日本側は次のようにみなしている。『ソ日共同宣言』に基づき、領土紛争のある島嶼はすべて日本に帰属するべきで、日本はこれらの島嶼の領土権回復に対し主権を行使せねばならない。日本が1956年に2つの島嶼だけを取り戻すことに同意しなかったことから、当時ソビエト連邦とは『共同宣言』を締結しても平和条約には締結しなかった。

??難関突破が難しいもう一つの理由は、ロ日双方が共同経済活動の推進を試みる中で、同様に法的根拠の問題にもぶつかっていることだ。ロシア側は、ロシアが事実上コントロールする領土で共通経済活動を展開するには、相手がロシア側の法律におのずと従わなければならないが、日本は領土紛争のある島嶼に「特別な制度」を設ける方針を堅持している、とみなしている。

??もちろん、日本が双方の経済協力を進めるという「情熱」をロシア側が排除することはないだろう。ロシアはアジア太平洋経済の「急行列車」に乗り、極東地域の発展を率先して推し進めることを望んでいる。極東地区の経済社会の発展を通じてロシア外交の多元化を推進することは、ロシアの「東へ向かう」外交戦略における一つの自然な選択肢にほかならない。

??安倍首相が力強く推進する共同経済活動は、形を変えて領土紛争を据え置いたものだとみなす分析もある。この行為が安倍首相自身が望むような日ロ関係の全面的正常化を実現させる突破口となるかは、目下結論が付け難いところだ。

?

(新華社より)

?

関連記事:

外交部、日本の2017年版『外交青書』の中国に関する内容について回答

日本の中学校で銃剣道、軍国主義の魂を呼び戻す

外交部は日本の教材と科目の変化について語る、誤った歴史観で国民を誘導すべきではない

010020030360000000000000011100381362504061
百度